« 2012年6月22日 | トップページ | 2012年6月24日 »

2012年6月23日の1件の投稿

啓太の一日 ( アケビ )

180pxakebia_quinata06

「 いってきまーす 」
今日は 勇作の先導で 山へアケビを取りに行く事に成っていた
メンバーは いつもの通り 勇作、孝介、雄一、一夫、啓太の五名である
子供達は 目的地に着くまで 色々な所で寄り道を繰り返す
早速、孝介が「 皆、此処のギンギンしっとるかー 」
「 なんや 」「 どれや 」ワイワイ、ガヤガヤ、
孝介によって 掘られたと思われる 山肌に付けられた窪みには
赤土に混じって なにやら銀色に輝く鉱物が見え隠れする
「 これは 銀なんか? 」「 ちがう、ちがう 」
「 銀やったら こんなにぼろぼろ 崩れたり しねーし 」
孝介が自慢げに講釈を述べる
「 こいつは 雲母って言うんや 」
「 家に持って帰ったら 父ちゃんが言うとった 」
「 これよりええ 白雲母は 化粧品の日焼け止めに使うんやと 」
「 普通は 雲母を粉にしてマイカ粉を作るんやて 」
「 マイカ粉? 」「 なんや それ 」
「 ほら 電柱の上に灰色( トランス・コンデンサー )のんが 乗っとるやろ 」
「 あれは マイカ粉( 絶縁体 )を固めて 作ってるんや 」
「 これで 御茶碗作ったら キラキラ光って 綺麗やろな 」
「 ダメや 焼いてしもたら 灰色になっちまうんや 」
「 そうなんか 」
「 じゃあ このまま 粘土細工に混ぜれば良いいんや 」
勇作「 掘るのは 今度にして さっさと行くぞ 」
子供達は 名残惜しそうに窪みを眺めながら また ぞろぞろと歩き出した
山裾をしばらく歩くと 今度は雄一が
「 勇作兄ちゃん、防空壕に入って見よーよ 」
「 しょうがねーな 少しだけだぞ 」
竹薮を掻き分け 少し奥まった場所に それは有った
もう何年も放置されていた防空壕は 何度かの崩落を繰り返し
       人が入れる空間は 入り口から数十メートル程である
子供達が中に入ると バタ、バタ、バタ、
「 あっ、コウモリやっ 」
「 あ~ あっ 網を持って来れば 捕まえられたのに 」
「 ははははっ そんなに簡単に捕まえられる訳ねーやん 」
「 おっ、何かの卵がある 」
ぬかるんだ足元の壁面の傍に 白いピンポン玉大の卵が三つ有った
「 え~ 」「 どれどれ 」「 僕にも見せて 」
「 ほんまや 」「 何の卵やろ? 」
孝介が 木の枝で プョプョした 卵の殻を一つ破ると
           中から 小さなカメの胎児が出てきた
勇作「 孝介、惨い事するんやない 」
「 カメの赤ちゃんは 隣に埋めてやって それ以上触るんやないで 」
「 もう ええからアケビを取りに行くぞ 」
勇作を先頭に 子供達は山道をぞろぞろ上がって行く
啓太は 見る物,聞く物が 皆珍しく 嬉しくて 飛び跳ねる様について行く
「 啓太! こういう場所で 飛び跳ねてっと
        草むらに隠れてる枝が 脚にグサッと刺さっちまうぞ 」
啓太は 脚に枝が刺さった場面を想像して ぞっとした
やがて 周りの木々は 子供達の背丈を凌ぐ風景に移ろい
うっそうとした 雑木林を進んで行くと 木に巻き付いた蔓の群生に出会った
勇作は やや上の方を指差し「 あれが アケビや 」
一夫「 勇作兄ちゃん あんな高い所 届けへん 」
「 まあ 見てろ 」
勇作は 目星を付けた蔓を一本 力任せに引き下ろし
下がり落ちてきた蔓から アケビの実をもぎ取ると
          削ぐ様に 中の白っぽい果肉を口に含んでみせ
「 ブブブッ ブブブー 」「 これで また来年も 芽が出よる 」
「 青い奴は食えんから そのまま もぎ取らずに置とけよ 」
「 うん、わかった 」
子供達は 各自で蔓を選んで アケビ取りに勤しみ
山中には 子供達の歓声とブブブーが 響き渡る
「 アーア アー 」孝介が太い蔓にしがみ付いて ターザンごっこを始めた
アケビの蔓は 老木に成れば それ自体が木にまで成長する
啓太も負けずに 太目の蔓に飛付いて見たが
     蔓はズドンと下がり 一気に地面でしりもちを突いてしまった
「 ハハハハ 」
「 啓太、ちゃんとぶら下がれるか 引っ張って見てから 飛び付かんと 」
「 ウン、失敗、失敗 」
今度は 念入りに蔓を確認して「 あ~あ あっ 」
今度の蔓は間違いなく ずれる事は無かったが
      啓太は自分を支える程の握力に乏しかった様である
「 何やってんだ 啓太 」
「 だって・・・ 」
啓太は意を決して もう一度必死にしがみ付いて見た
ありったけの力を込めて 蔓に飛び付くと
      体は風を切り 周りの風景が違って見える
「 あ~あ あー 」
何だか 自分がターザンに成った様にも思え ご満悦の啓太君であった

 

 

 

 

     ↑ブログトップへ

 

« 2012年6月22日 | トップページ | 2012年6月24日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

その他の記事

カテゴリー

  • グルメ・クッキング
  • コラム
  • 家ごはん
  • 日記
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 自作小説
無料ブログはココログ

ブログ