今日のいただきま~す ( フローズンヨーグルト )

 
 
「 とっ、ハーゲンダッツが食べたいな~っ 」
 
「 ハーゲンダッツは無いけど
              はい、これ 」
Photo_2
「 プレーンヨーグルトに蜂蜜、レモン汁、
    レモンピール、ブルーベリーを混ぜて
          ソフト冷凍で固めてみました 」
 
「 うん、美味しい、これ久々のヒットかも 」
 
 
 
 

啓太の一日 ( 茶摘み )

 
 
                        啓太の一日 ( 茶摘み )
 
Photo_7 
 
 
「 啓太、啓太、早くおいでなぁ 」
「 あんまり遅いと置いて行くよ~ 」
「 まっ、待ってぇな、今行くから 」
啓太を待つ母のいでたちと言えば
絣の着物にもんぺを履き、頭は姉さん被り
たすき掛けに背負子を担いでいた
啓太が漸く家前に出て行くと
丁度向かいの家からスミおばさんが出てきて
                     母に声を掛ける
「 お出かけですか? 」
「 はい、宗右部ぇさん所の茶摘みの手伝いに 」
「 啓ちゃんも一緒に行くの? 」
「 うん 」
「 宗右部ぇさんの畑までは遠いから
                しっかり歩くんやで 」
「 うん、いってきま~す 」
村外れから伸びる道筋には民家は一軒も見当たらず
遠くに氏神神社の杉木立が見える他は
               幾つもの田畑が広がっていた
時折吹く風に砂埃の舞う道を
        啓太と母が手を繋いで歩く様は
時代劇の旅人を見ている様でもある
啓太は母が担いでいる背負子が気に成っていた
「 母ちゃん、背中のそれ 何に使うんや 」
「 これのことか、帰りに宗右部ぇさんに
       野菜を沢山わけて貰うから
           其の為に持って来たんや 」
「 そんなら、今は僕が乗ってもええか 」
「 乗りたいんか? 」
「 うん 」
「 それなら少しだけ 」
「 うん 」
母は啓太を背中合わせに背負子に縛ると
「 よいしょ 」
「 あ~っ、高い 高い 」
日差しはやや強いが 時折吹く風が心地よかった
見渡す田畑は緑に輝き
       傍を流れる小川の音に耳を傾け
ふと足元の影に目を遣ると
       母の上ではしゃぐ自分の姿が大きく見え
啓太の中で罪悪感めいた気持ちが湧き上がった
「 母ちゃん、もう降りるっ 」
「 えっ、もういいんか? 」
「 うん、降ろして 」
啓太は背負子から降りると再び母と手を繋ぎ歩き出した
氏神神社の杉木立を抜け 少し小高い丘を過ぎると
「 啓太、ほらあそこに見えるのが茶畑やで 」
「 うわっ、広いんや 」
「 もう少しやから がんばって歩きなっ 」
「 うん 」
茶畑に着くと既に何人かの手伝いの人達が集まっていた
暫くすると 皆に藁の編み篭が配られ
母は啓太に編み篭を手渡しながら
「 啓太、今からお茶の葉を摘んで貰うけど
    一芯二葉言うて真ん中から二枚までの
            柔らかい所だけ摘むんやで 」
「 うん、判った 」
「 絶対 緑の濃い硬い葉っぱは入れたらあかんよ 」
「 判ったって、大丈夫やって 」
いざ茶摘を始めると背の低い啓太は
              中々の苦戦を強いられる
柔らかい若葉は茶の木の中ほど天辺に有り
                 手が届かないのである
啓太は 背の低い茶の木を選び摘み取ってゆく
編み篭に三分の一ほど溜まった頃であろうか
タン、タン、タン、タン、タン
耕運機がリヤカーを引きながら近づいて来た
「 みなさ~ん、休憩にしましょうか 」
啓太は編み篭を担いで一目散に母の元へ走った
「 母ちゃん、こんだけ摘めた 」
「 どれ、がんばったね 啓太 」
母は啓太の頭を優しく撫でながら
「 あっちで おにぎりでも頂こうね 」
「 母ちゃん、母ちゃんの摘んだ分はどれ? 」
「 ん!これやけど 」
「 わっ、 いっぱいや 」
「 僕のはすっごい少ないやん 」
「 啓太は母ちゃんの言った通り
   ちゃんと一芯二葉が取れたんやから
      其れで十分、贅沢言うたらあかんよ 」
「 さっ、休憩、休憩 」
大きな柿の木の下に茣蓙が敷かれ
       数人が既におにぎりを口に運んでいた
啓太の視線は其の中に居る
         同い年位の女の子に注がれていた
いや、正確には女の子の持っている
         ぼた餅に注がれていたのである
母はいつまでも茣蓙の上で立ち尽くす啓太に声を掛けた
「 どうしたんや? 」
啓太は小声で「 ぼた餅 」とつぶやく
「 なんや ぼた餅が欲しいんか 」
「 すいませ~ん うちの子にぼた餅を頂けますか 」
「 はい、どうぞ どうぞ 」
啓太は軽く会釈し
 差し出されたお重からぼた餅を1つ取り出すと
「 ありがとう 」
「 いえいえ、どういたしまして 」
「 僕、今日はお母さんのお手伝い 」
啓太は ぼた餅をほう張りながら小さく頷く
休憩が終わり 茶摘みを再開するも
啓太に摘み取れるお茶の葉は中々見つからない
啓太はつまらなそうに土手に腰掛
辺りの草をむしっては投げ、むしっては投げ
「 あっ 」声が漏れる
自分の傍らでシマヘビが穴に入ってゆくのが見て取れた
啓太はヘビのしっぽを掴み引っ張ってみるが
ヘビも負けじと どんどん穴の奥に入って行く
ドスッ!!
啓太の手が滑り しりもちを付く啓太から
見事にヘビは逃げ果せた様である
啓太はしりもちを付きながらも
又、新たな遊び相手としてトノサマガエルを見つけ
カエルに合わせてピョンピョンと後を追いかけてゆく
何が楽しいのかすっかり夢中に成り
最早、茶摘みの事なぞすっかり忘れてピョンピョン
「 啓太~、啓太~ 」
母の声が聞こえた
「 なんや~っ 母ちゃ~ん 」
啓太は立ち上がり
    茶の木の上にひょっこりと顔を出し辺りを見回すと
「 そんな所に居てたんか 」
「 そろそろ帰り支度をするでぇ 」
「 うん、手ぇ洗ってくる 」
啓太は近くの小川で手を洗うと
         半ズボンの裾で手を拭き
「 母ちゃん、帰るんか? 」
「 宗右部ぇさんの家で野菜を貰うてから帰ろうね 」
宗右部ぇさんの家の納屋には
南瓜・胡瓜・茄子・ジャガイモ・トマトと言った
                    野菜が並べられていた
母は其の野菜を麻袋に詰め込み背負子に括り付ける
つまりは今日の茶摘みの対価として野菜を頂くのである
「 さっ、啓太帰ろうか 」
「 うん 」
・ ・ ・
其の夜 啓太は夢を見た
茶の葉の上でとぐろを巻くヘビと対峙する夢であった
「 う~ん、う~ん 」
寝苦しそうに うなる啓太に「 暑いんか 」
母はウトウトしながらも啓太の寝息が落ち着くまで
ずっと枕元でウチワを扇ぎ続け
            その手を休める事は無かった
 

 

 

 

 

 ↑ブログトップへ

 

 

 

 
 

順次更新・今日のいただきま~す ③

 

 

 

 

今日のいただきま~す( ネタ帳 )

( レパートリーは大した事無いけど、夕食のヒントに成るとか言われて煽てられると

                                            ついつい書き込みました )
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
 
 
 
 ( サワークリームケーキ )
 
 
彼女のお誕生日に合わせて
 
サワークリームケーキ を作ってみました
 
Photo  
 
「 ホイップしたけど、サワークリームが
        重いせいかどんどん崩れちゃった 」
 
「 ん、味はいけるんじゃない 」
 
「 やっぱり、見た目はイマイチだしょ 」
 
「 ブラを買って貰ったから
     此れ位は目を瞑るわよ 」
 
「 来年に乞うご期待って事で
           誕生日おめでとう 」
 
 
 
 
 
 
 

◎ ( ミーゴレン )
 
 
「 とっ、なんか食えるものねえか? 」
 
「 これでも作ってみる 」
 
Photo
 
「 なんだそれ? 」
 
「 うち( 会社 )の研修生に貰った
   ミーゴレンって言うインドネシアの焼きそば 」
 
「 ミーは麺でゴレンは炒める意味らしい 」
 
早速作って見たけど
 
2
 
「 俺、甘々のソースは苦手かも 」
 
「 おっ、きょうじ、スゲェー
    残り全部食っちまったのか? 」
 
「 チリパウダーの辛味で
       そこそこ食えるぜ 」
 
「 まあ、でもなんだ、味的にはお菓子だな 」
 
「 俺は、きょうじの半分だけどギブアップ 」
 
「 もし、インドネシアに飛ばされたら
            俺、飢え死にするかも 」

 
 
 
 

 ◎  ( カニ・蟹・かに )
 
 
小さくてもカニ・蟹・かに
 
と言う事で今日はセコ蟹をいただきます
 
Photo
 
なんと言ってもリーズナブル
 
玉子の部分を食むと
 
磯の香りがします
 
足の部分は小さいけど歯で噛み砕いて
 
身を取り出せます
 
 
 

 

◎ ( 掻揚げ )
 
 
今日も写真を撮り忘れたまま食っちゃいました
 
今日は粕汁と思い付きで
 
レンコンとちくわを掻揚げにしてみました
 
ムニュとシャクつて感じの食感で
 
意外と美味しく頂きましたよ
 
皆さんも一度お試しあれ
 
  
 
 
 
 
◎ ( ゆずポン酢 )
 
 
「 あっ、写真撮るの忘れたっ~っ 」
 
「 今日のいただきましたになっちまった 」
 
今日はアメリカ産の松茸でマツタケご飯と
 
お味噌汁とアジのたたきを頂きました
 
話的にはアジのたたきに掛けたゆずポン酢が
 
まじウマかった~っ
 
Photo
 
無くなったら又購入する為に
 
湯浅醤油でググって見ても判らず
 
【丸新本家】ゆずぽん酢でやっと判明
 
色々調べて価格は何処も一緒だけど
 
アマゾンが送料的にお徳かも
 

【丸新本家】ゆずぽん酢(500ml)

 
 
 
 
 
 
 
◎  ( インゲンと平天の煮物 )
 
 
スーパーでジャンボインゲンなる物を見つけました
 
大きさは普通のインゲンの3倍くらい
 
早速、平天と一緒に煮付けてみました
 
Photo
 
意外と柔らかくてボリームも有り
 
ちょっぴりお得感
 
 
 
 
 
◎ ( 鶏腿のソテーとパン耳のフレンチトースト )
 
 
飾りっ気無しでがっつり餌っぽい
 
 
 
Photo  
 
 
   
 
 
 

 

 

 

 

 ↑ブログトップへ

 

 

 

 
 
 
 

啓太の一日 ( 節分 )

 
                            啓太の一日 ( 節分 )
 
Photo
 
 
「 啓太~、 啓太~っ 」
「 なんや~、母ちゃん 」
「 裏に行って、柊の葉っぱを取って来て欲しいんやけど 」
「 一枚で良いんか? 」
「 この植木バサミで
    お母ちゃんの掌ぐらいの長さに切ってきて 」
「 うん、分かった 」
タッタッタッ
あれっ?
なんか居る ・ ・ ・
啓太は柊の物陰に何かを見つけると 忍び足で母の元へ舞い戻り
「 母ちゃん、なんか居るっ 」
「 えっ、何が? 」
「 来て、来てっ 」
啓太は母の割烹着の裾を引っ張りながら 裏の引き戸まで母を誘う
「 あれぇ~ 」
「 どうしたんや 」
「 うん、さっきあそこん所に
        大きい鼠みたいのがおったんやけど? 」
「 いつまでも啓太の事を待っててはくれへんよ 」
母は何事も無かった様に台所に帰っていった
「 よし 」
啓太は気を取り直して柊の葉っぱを選び
比較的、綺麗な葉っぱに目星を付けると
「 此れにしよう 」
パチン
切り取った柊をその小さな掌に握り締め
タッタッタッ
「 母ちゃん、此れでいいんか? 」
「 はい、啓太、ご苦労様 」
母は鰯の頭を出刃包丁で切り取り
啓太が持って来た柊の枝を鰯の頭に差し込んでゆく
「 母ちゃん、其れ、どないすんのや? 」
「 此れは昔から鬼が家の中に入らん様にする御呪いなんやで 」
「 ふぅ~ん、でも、なんで柊と鰯なん 」
「 母ちゃんも良くは知らないけど
      鬼さんは棘と生臭いのが嫌いなんじゃないかな 」
啓太は改めて鰯の付いた柊に顔を近づけ 臭いを嗅いで見た
「 うっ 」
「 ほんまや、僕もこんな臭いの嫌や~っ 」
「 啓太、其れを玄関の外に付けるから持っといで 」
「 うん 」
母は、玄関の引き戸の前に脚立を置くと
「 啓太、柊 」
「 はいっ 」
母は玄関上に柊を取り付け終わると
「 よし、後はお豆さんを煎ったら節分の準備万端 」
・ ・ ・
夕食後
「 啓太、お父さんと奥の部屋から豆まきをしようか? 」
「 先ずは床の間から 」
「 鬼は~外、福は~内 」
「 鬼は~外、福は~内 鬼は~外、福は~内 」
最後は玄関を開けて「 鬼は~外、福は~内 」
雪が積もった玄関の外に豆が巻かれると
黒い小さな影が目の前を横切った
「 あっ!」
「 あいつや、母ちゃん、ほら、昼間見た奴 」
「 どれどれ 」
母は引き戸から顔半分を覗かせ
「 啓太、あれはオコジョや 」
「 オコジョ? 」
「 母ちゃんも小さい時、一度だけ見た事が有るけど 」
「 まあ、小さいイタチやと思えばええ 」
「 おお、父ちゃんも小さい時に見たぞ 」
「 えっ、なんで? 」
「 父ちゃんは、ず~っと目が見えない訳じゃない
          小学生の時はちゃんと見えてたんだ 」
「 今の啓太を 見ることが出来ないのは残念だがな 」
「 啓太、寒いからもう戸を閉めるよ 」
ガラガラガラ
まだまだ、オコジョを視て居たい啓太の前を
無情な引き戸が閉まってゆく
・ ・ ・
「 啓太、歳の数だけお豆さんを食べるんやで 」
「 え~っと、僕は七つ食べていいの? 」
「 父ちゃんと母ちゃんはいっぱい食べられるんや 」
「 お腹を壊さない様に、大人の数は決まってないさ 」
・ ・ ・
其の夜 啓太は夢を見た
オコジョに成った自分が 家々の前の豆を食べ歩き
お腹いっぱいで巣穴で丸くなって眠る夢だった

 

 

 

 

 

     ↑ブログトップへ

 

 

◎ 広島グルメ

 

 

 

( 広島市内でお食事 )

 

広島市内は右折出来る交差点が少ない為

 

国道2号線から 駅前通りを北に上り、左周りで走り廻りました

 

先ずはランチ、駅前通りを北に上り相生通りを左折して

 

更に八丁堀の交差点を左折して 新天地のパーキングに車を止め

 

広島風お好み焼きの店 みっちゃんに13人待ち( 約一時間 )で入店

 

Photo

 

大阪は生地を、広島は麺を食べるって感じかな

 

ディナーもやはり 新天地の裏手側に有る 闇市ジョニーで焼肉です

 

一階のカウンター席は10席ほど、午後6時の開店直前に飛び込みました

 

此方は 伊予牛A5ランクの一頭買いで知られ 東京にも支店が有ります

 

コースを頂くには 予約が必要で 二階のテーブル席が用意されるそうです

 

飛び込みの とっ達は カウンター席で 其々 単品を注文しました

 

ツラミのほんのりとした甘味を堪能、続いて ホルモン5種盛り 等々、

 

閉メは おいし~いごはんで お腹一杯

 

 

 

( 竹原町並み保存地区へ )

 

山陽自動車道路の河内( こおち )で降りて

 

国道432号線をひたすら南へ走り、竹原市内へ

 

竹原は元々干拓された土地らしく 塩害で農業が出来ず

 

赤穂に習って 塩田で財を成した旧家の町並みを保存しているそうです

 

倉敷に比べれば 質素でひなびた町並みですが

 

家々の中でお雛様がお出迎えしてくれます

 

とっは 車を止めた 道の駅竹原でお土産を買い求めました

 

広島と言えば もみじ饅頭ですが

 

此処では レア物の八朔大福 ( 賞味期限3日 ) を販売してます

 

3

 

とっの知る限り 小谷SA( 下り線 )でも販売してますが

                       殆ど午前中に完売とか

 

あっ、小谷SA( 上り線 )では販売していませんよ

 

 

 

 

 

     ↑ブログトップへ

 

 

«順次更新・今日のいただきま~す ②

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

その他の記事

カテゴリー

  • グルメ・クッキング
  • コラム
  • 家ごはん
  • 日記
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 自作小説
無料ブログはココログ

ブログ